オナクラの基本プレイ

風俗業界の中で最もソフトなサービスを行う業種に、「オナクラ」という業種が存在してきます。
あまり耳にしたことがない人も多いのではないでしょうか。
そもそもこの「オナクラ」というのは、「オナニークラブ」の略称になります。
簡単にいえば、お客様がオナニーを行っているところを、女の子がただ鑑賞するというだけのお店になってきます。
ですので、「オナクラ」というのは、ファッションヘルスやデリヘル、ソープランドのような一般的な風俗ではないのです。

男性というのは、あらゆる性癖というものを持っています。
正直なところ十人十色といっても過言ではありません。
その性癖の中に、「自分のオナニーをしているところを女の子に見てもらいたい」という癖を持った男性も少なくはないのです。
ある統計に、日本という国は一番「変態」の数が多いとされている国だそうです。
だとしたら、このような性癖を持っている男性がいても十分に納得ができる話ではないでしょうか。

まず、この「オナクラ」の基本プレイというのはどういったことか気になるところです。
ただ単に、男性のオナニーを見るだけだったら、働く女の子にとってもそんな楽な商売はありません。
このオナニーを見るということにプラス、「エッチなポーズ」と「言葉責め」という2点も基本サービスに含まれてきます。
エッチなポーズという点に関していえば、お客様が望むポーズをすればいいのですが、言葉責めという点に疑問を感じる人も多いことだと思われます。
この言葉責めにも、「優しいバージョン」、「ハードなバージョン」、「幼稚なバージョン」、というようにそれぞれパターンも変わってきます。